ウーマン

肌悩みを吹き飛ばす|収れんタイプの化粧水で憧れ肌づくり

効果的な使い方

睫毛

使い方を守って使うこと

まつげ育毛剤は、正しく使うことで効果が出てきます。育毛剤の有効成分をしっかり毛根に浸透させるために、まぶたの汚れ、皮脂、汗、メイクなどはしっかり落としておくことが大切です。ただし、メイクをクレンジングで落とすときにまぶたを強く擦るのは厳禁です。クレンジングの油分とメイクの油汚れをなじませるようにしてから、擦らず優しく洗い流しておきます。コンタクトをしている場合は、まつげ育毛剤をつける前にコンタクトを外しておきます。そしてまつげ育毛剤をまつげの生え際を中心につけていきます。育毛剤をつけるのは上まつげだけです。つけ終わったあとにまばたきをすれば、下まつげにも育毛剤がつくので、下まつげの育毛もできます。まつげ育毛剤の使用法や使用回数は、製品ごとに違います。アプリケーターに育毛剤をつけて、根元の生え際に沿って塗るタイプもあります。アプリケーターは感染症を予防するため、使い捨てにする必要があります。使用回数は1日1回?2回です。早く伸ばしたいからといっつて、1日に何回もつけると、まぶたに負担がかかるので注意が必要です。継続して使い続けることも大切です。個人差はありますが、使い始めて12週間ほど経過すれば、アイメイクをしなくてもいいぐらい長くなります。ただし、希望の長さになったからといっていきなり使用を止めると元に戻ります、1日1回、または1週間に3回と、徐々に使用頻度を減らしていくのがお勧めです。